現代は、表現社会

今では、誰もが発信できる場所が多く存在しています。

Twitter、Instagram、ブログ、YouTube、Showroom・・・

一般企業でもプレゼンはもちろん、SNSなどでの発信業務を行なっています。

演技を取り入れた研修を行う会社も増えてきました。

そんな中で、自分も演技を学びたい!
とレッスンに通っている会社員の方がおります。

今回は、その方にインタビューをしてみました。


演技をやり始めて変わったと感じることは?

滑舌や発音を意識するようにりました。
また、相手の動きや反応を意識して見るようになりました。
伝え方を意識するようになり、言葉やボディランゲージ含めどうやったらより伝えられるかを日々研究中です。

仕事での変化はありますか?

電話での聞き取りやすさが改善できた気がします。
そして、客観的に自分はどう見せるのか、見られるのかを意識するようになりました。身だしなみ、伝え方など。
相手の反応を意識することで、コミュニケーションが取りやすくなったように思います。

レッスンを続けている理由は?

表現することが楽しいと思えたことは大きいです。
他の楽器や、絵とかじゃなく、
自分の声や体で感情などの想いを表現していく、伝えていく、感じることが
楽しいし面白い。
これからも表現することを続けていきます!

レッスンの中では、
会社員での経験を芝居の中に取り入れることで、よりリアルな日常を表現しています。
そして、その奥にある個性を引き出すことで
更に活き活きとした表現をしています。

そこから、役者陣もいろいろ盗んでいるようです。