扉座education部部長 田中信也氏によるレッスン。
主に台本を使ったワークです。

演技の基本

☑発声
☑滑舌
☑台本分析
☑役作り
☑舞台上でのコミュニケーション力


ここに、感性や自分の経験値を加えることで個性が生まれます。

レッスンを受ける意味

初心者

「演劇が好き。演じることが楽しい。」

そこから一歩踏み出し、人の前で表現するには、技術と知識が必要です。
立ち方や動き、台詞のかけ方、感情の表現を細かくトレーニングしていきます。
初めての方も繰り返しワークしていくことで、確実に身につきます。

自分を知る

俳優こそ、自分を深く知っている必要があります。
自分自身を武器に演じ、お客様に感動を与えるのです。

なんとなく。こんな感じ。
その感覚は、役の反応でしょうか?
自分が出ていませんか?
役と自分の共通点や違いを認識していますか?

もし役としての反応ではなく、自分自身の反応だとすれば、
あなたは台本の世界を生きてはいないのです。

役作り

上手い俳優は、キャラクターは作りません。
台本の中で生きている人間を生み出します。

面白いキャラクター
目立つキャラクター
それでは、中身が存在しません。
カタチで演じている俳優をお客様は見抜くのです。

では、どう作るのでしょうか?

多くの台本と役をレッスンで経験する中でお教えします。


俳優同士のコミュニケーション能力

舞台上、カメラの前だけではなく、オーディションや現場でもコミュニケーションの力が大切となります。

実践に近いかたちでレッスンをすることで、
自分が相手に与える印象や、自分の強みも明確になりこれからの活躍に活かすことができます。

プロの俳優

S&S ACTはプロダクションではありません。
フリーで活躍している方も、事務所や劇団に所属している方も通うことができます。

プロの現場で要求されるのは
”瞬発力と対応能力”

これには経験値が必要です。
台本分析・役作り・見せる力・相手役との関係性などをすぐに作れる俳優が
求められています。

日頃からトレーニングをすることで、自分の能力を瞬時に使えるようになります。

また、舞台や長い撮影の現場に入っていると、役の癖が残ってしまうこともあります。
今の自分の状態を知り、リセットをするためにもレッスンの場はあるのです。

レッスンの先にある現場

トレーニングには、本番も必要。

S&S ACTでは、定期的な公演やイベントを企画しております。
準備が整った俳優は出演することができます。

舞台・映画・ドラマのオーディションを受けるチャンスもあります。
そこから出演に繋がった在籍者も多く、俳優としての実績を積むこともできます。

俳優としての経験を積んだ在籍者が所属する”劇団Rainbow Jam”
への入団のチャンスもあります。

レッスンシステム

月3回 / 火曜日 18:30〜21:30

場所 / 渋谷スタジオ 又は 目黒近郊の施設

レッスン料/月謝制 12,000円 (税抜)

オンラインレッスンは、1回から受講が可能。
1レッスン/40分/3,000円(税抜)
*見学は無料で受付中。


レッスンスケジュールは→こちら

※ S&S ACTの全レッスン(演技、パントマイム、剣舞・殺陣、日本舞踊)を受講の場合は、
月18,000(税抜)

講師プロフィール            

田中信也(劇団 扉座 education部部長 )
加藤健一事務所俳優養成所の出身。
1993年善人会議(現・扉座)入団。

さまざまなプロの現場での経験を活かし、若手俳優の指導、演出・構成も手掛ける。
数々のWSや、レッスンを行っており、多くの俳優を育ててきた実力の持ち主。
高校演劇の審査員もしており、学校での表現指導にも力を入れている。

【出演】
劇団扉座の公演に多数出演

「敗戦国の王子 フォーティンブラス オリジナルスマイル」
(RUPプロデュース主演:草ナギ<SMAP>)

「ザ・近松」
(松竹芸能 主演:沢田研二 伊藤蘭 高嶺ふぶき)

「龍神伝」(二十一世紀歌舞伎組)